yokohama AIREGIN
 今日も新しい発見が、驚きが、
   そして、楽しいハプニングが・・・。

 

map


〒231-0013 横浜市中区住吉町5-60
TEL 045-641-9191

History of yokohama AIREGIN (日本語)

 エアジンは1969年に新宿(東京)でジャズ・レコード喫茶「エアージン」として産声をあげた。
創始者は高岡寛治と好子のジャズが大好きな若い夫妻だった。
そして、1972年。当時、ジャズライブハウスがなかった港町・横浜へと拠点を移し、
本格的なジャズの"ライブ専門店"としてスタートを切った。と、同時に横浜や湘南地区での
ジャズコンサートやイベントの制作集団としても活動を活発に開始した。
こうして出演者も、故・松本英彦(ts)、山下洋輔(pf)トリオ、亀淵友香(vo)、市川秀男(pf)、
今田勝(pf)、ジョージ大塚(ds)、中本マリ(vo)、故・古澤良治郎(ds)、故・本田竹広(pf)、渡辺香津美(g)、
CARMEN McRAE(vo)、シェリー・マン(ds)、Woody SHAW(tp)など多彩なミュージシャンが横浜に登場しだした。
しかし、1979年。高岡寛治は交通事故で不慮の死を遂げる。享年38。
国内外のミュージシャンの招聘ライブやコンサートなど多彩な催しは今でも
ミュージシャンやジャズライブファンたちの語り草になっている。

そして、1980年。現在のマスターである僕が2代目を継ぐことになった。
うめもと實(minol)。高岡好子の実弟である。
店名が間延びしてるので「エアージン」から「横濱エアジン」と改め、伝統的なジャズにプラスして
新しい実験的なジャズや現代音楽の紹介も始めた。
生活向上委員会、ドクトル梅津バンド、ICPオーケストラ、渋さ知らズ、ITARIAN INSTABILE Orc、
故・高柳昌行(g)、齋藤徹(cb)、澤井一恵(箏)、田中泯(舞踏)、白桃房(舞踏)、三上寛(歌)、浅川マキ(歌)、
Freddie Hubbard(tp)、Mal Waldron(pf)、Hank JONES(pf)、Ray BRYANT(pf)、Sheila JORDAN(vo)、
Han BENNINK(ds)、Theo BLECKMANN(vo)、 Louis Sclavis(cla)、などヨーロッパでの音楽生活のネットワークを
活(い)かした欧米ミュージシャンの招聘や音楽祭の企画制作を引き継ぎ<今、なにが・・・>を紹介している。
また、「本牧ジャズ祭」「NewYorkJazzFes'97(USA)」「湘南カンヌ映画祭のための音楽祭'99」「サーフ'99」
「Japan Year in Paris(仏)」「横濱Jazzプロムナード」「横浜・シンフォニックinジャズ」など、
多くのイベントの立ち上げやプロデュース、企画などにも係わってきた。
現在は「横浜JAZZプロムナード」のプロデュースを離れ、エアジンのライブを中心にスイスと連動し
2003年より「横濱国際インプロ音楽祭<春><秋>」を立ち上げ、
<これからのジャズってのは・・・>を肴にしながら横浜で楽しく活動をしている。

                   横濱エアジン代表/うめもと實  2011.春

History of yokohama AIREGIN (English)

Airegin was founded in Shinjuku, Tokyo in 1969 as a 'jazz kissa' or jazz cafe by Kanji and Yoshiko Takaoka, a young couple who loved jazz. In 1972, they relocated to the port city of Yokohama which yet lacked a jazz 'livehouse, and established themselves as a proper jazz venue. At the same time, they began producing various jazz concerts and events in the Yokohama and Shonan areas. Thus performers such as Hidehiko Matsumoto (ts), Yamashita YousukeTrio (p), Yuka Kamebuchi (vo), Hideo Ichikawa (p), Masaru Imada (p), George Otsuka (ds), Mari Nakamoto (vo), Ryoujiro Furusawa (ds), Takehiro Honda (pf), Kazumi Watanabe (g), Carmen McRae (vo), Shelley Mann (ds), Woody Shaw (tp) and many others began appearing in Yokohama.
But Kanji Takaoka died unexpectedly in a traffic accident in 1979 at the age of 38. To this day, the many concerts and showcases featuring domestic and international artists remain a topic of discussion among musicians and lovers of live jazz.

And so it was in 1980 that I came to succeed the establishment. I, Minol Umemoto, am the younger brother of Yoshiko Takaoka.
Changing the name to Yokohama Airegin, newer experimental jazz and 20th century music began to be introduced in addition to more traditional jazz.
Taking advantage of the many contacts I made during my time in Europe as a musician, I took over the task of showcasing European and American musicians, organizing festivals and presenting "what's happening now" including Seiko Avant-garde Band, Doctor Umezu Band, ICP Orchestra, Shibusashirazu, Italian Instabile Orchestra, Masayuki Takayanagi (g), Tetsu Saito (cb),
Kazue Sawai (koto), Min Tanaka(buttoh), Hakutouboh (buttoh), Kan Mikami(folk), Maki Asakawa (uta), Freddie Hubbard (tp),
Mal Waldron (p), Hank Jones (p), Ray Bryant (p), Sheila Jordan (vo), Han Bennink (ds), Theo Bleckmann (vo), Louis Sclavis (cla) and others.
I helped found, produce and curate numerous events including Honmoku Jazz Festival, New York Jazz Fes '97 (USA), Shonan Music Festival '99 for the Cannes Film Festival, Surf '99, Japan Year in Paris (France), Yokohama Jazz Promenade and Yokohama Symphonic in Jazz.
At the present, having left the production of Yokohama Jazz Promenade, I have focused my attention on live events at Airegin, collaborating with the Swiss, organizing the Yokohama International Impro Musica Fes Spring and Fall which I began in 2003, and enjoying my activities in Yokohama while chewing over the notion of "jazz henceforth…"

Minol Umemoto/Yokohama Airegin Spring 2011